保険のビュッフェの考える保険加入のメリット「預貯金のカバーができる」

保険のビュッフェが考える預貯金のカバー

保険のビュッフェでは、相談者の年齢や性別、既往歴、保険に求めるメリットなどを基に、最適なプランを提供してくれます。というのも、ここ数年、保険を取り巻く環境は大きく変貌を遂げ、死亡保険のニーズは年々低下しています。保険におけるトレンドは医療保険であり、生存保険なのです。

ここには、医療の飛躍的な進歩により、平均寿命が長くなったことが大きく関係しているのですが、さらに年金制度の度重なる改正により、老後を年金だけで生活できると考えている人が少なくなったことが影響しています。つまり、保険に求めるものが、保障から預貯金に移りつつあるということでもあるのです。

 

保険のビュッフェが提案する生存保険

従来の生命保険は、被保険者が亡くなったり、病気や怪我などで治療費がかかる場合に保険金が支払われていましたが、生存保険は一定の年数や年齢において生存したことにより保険金が支払われるので、預貯金を補うために加入する人も少なくありません。

もちろん、特定疾患など様々な特約を付加することができますので、大抵の場合は純粋な生存保険だけに加入するのではなく、死亡保険や医療保険とセットで加入しています。保険ビュッフェでは、無料で保険相談を行い、相談者のライフスタイルや要望などから、生存保険と医療保険のメリットを活かした様々な提案を行ってくれるのです。